Honeyflow.com | FAQ's | Community |

Protective removal of Japanese bee nests 日本蜜蜂営巣の撤去保護


#1

日本家屋の玄関に日本蜜蜂が営巣していました。
この巣を撤去し、蜜蜂を保護しました。
彼女ら(蜜蜂)は引っ越し先で、元気に育っています。

お住まいのおばあさんは、優しい方でしたので殺したりはせず、
しばらくは見守っていましたが、いつまでもこのままにはしておけません。
巣はだんだん大きくなってきました。

IMG_4141

蜜蜂を専用のブロアーで吸い込み終わった写真です。
写真にはホースとブロアーが写っていませんが、蜜蜂を吸い込む掃除機のような装置です。
この装置は、蜜蜂保護用に私の友人が開発しました。

蜜蜂の巣を撤去し、巣箱にセットします。
この巣箱は、「重箱式」で巣枠はありません。
巣箱に直接、串刺しにしてセットします。

現地での作業を終えた様子です。
おばあさんヘ完了報告を行い、蜂蜜をプレゼントしました。

IMG_4159

移動先での巣箱セットです。
丁度良い切り株があったので、ここに巣箱の台座をセットします。

次に、蜜蜂の巣を取り付けた巣箱をセットします。

この時、蜜蜂はまだ入っていません。

ここに、先ほどの蜜蜂を入れていきます。

蜜蜂は、網の上の方に登って行き、巣箱入ります。

この時、女王蜂も確認できました。
日本蜜蜂の女王は黒いです。
私たちは、西洋蜜蜂は金髪で、日本蜜蜂は黒髪だと言って笑います。

日本蜜蜂は非常に憶病です。
このような引っ越しには相当なショックを受けています。
次の日には、逃げていくことが多々ありますので、
数日間は、この網をセットしたままにしておき様子をみます。
ただし、長くても3日ほどです。

無事に作業が完了しました。
数日が経過した写真です。
切り株の枝が少し伸びています。

巣箱は、前から覗けるようになっています。

そして、下からも観察ができます。

この箱には、まだフローファイブはセットされていません。
十分に蜂の数も増えましたので、フローハイブを乗せたいのですがハーフサイズでないと合いません。
他の巣の写真ですが、このように、上につぎ足すようにセットしたいと考えています。

日本蜜蜂用のハーフサイズのフローハイブの発売が待ち遠しいです。
それまでは、フルサイズを独自に改造するしかありませんが、
今秋ごろには発売予定とのことです。
以上です。
最後まで読んで頂き、有難うございます。


#2

From Google Translate as I was pretty interested.

  1. A Japanese bee was nesting at the entrance of a Japanese house.
    I removed this nest and protected my honey.
    They (bees) are moving and are growing up healthily.

  2. As you lived in the grandmother, did not kill you,
    I was watching for a while, but I can not keep it like this forever.
    The nest gradually grew bigger.

  3. It is a picture which sucked in bees with a special blower.
    The hose and the blower are not shown in the photograph, but it is like a vacuum cleaner sucking the bees.
    This device was developed by my friend for honey protection.

  4. Remove the honeycomb and set it in the nest box.
    This hive box is “hidden box type” and there is no cage.
    Put on the nest box directly, skewered and set.

  5. It is a state that I finished work on the site.
    I made a report on completion to my grandmother and gave honey.

  6. It is a nest box set at the destination.
    There was a good stump, so I will set a pedestal for the nest box here.

  7. Next, I will set a nest box with a honeycomb.

  8. At this time, no bees are still in.

  9. Here I will put in the bees.

  10. The honeybee will climb up the net and enter the hive.

  11. At this time, the queen bee could be confirmed.
    The queen of Japanese bees is black.
    We laugh with saying that Western bees are blond and Japanese bees are black hair.

  12. Japanese bees are very shiny.
    Such a move has received considerable shock.
    In the next day, there are many things to escape,
    For a few days, leave this network set and see.
    However, it is about three days at the longest.

13.Work completed successfully.
A few days have passed.
The branch of the stump is a little stretched.

  1. The nest box has become to be able to peek from the front.

  2. And you can also observe from the bottom

  3. This flower is not yet set in this box.
    Since the number of bees also increased enough, I would like to have a flow hive, but it does not fit if it is not half size.
    It is a picture of another nest, but I would like to set it like this, like this one like this.

  4. I can hardly wait for the release of half size flow hive for Japanese bees.
    Until then, there is no other choice but to completely modify the full size,
    It is scheduled to be released around this autumn.
    that’s all.
    Thank you for reading to the end.

投稿していただきありがとうございます。私は、世界各地の他の養蜂家がミツバチをどのようにケアしているかを見るのは面白いと思います。共有ありがとう


#3

Davec さん、有難うございます。
他にも沢山の活動内容がありますので、追ってUPしていきますね。
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

121