Honeyflow.com | FAQ's |

Webinar: Flow technology in beekeeping with Japanese honeybee Apis Cerana ウェビナー:ミツバチとの養蜂におけるフローテクノロジー アピスセラナ

apis-cerana
japan-nihon-日本
flow-frame-research
#1

Exploring New Contexts and Frontiers in Beekeeping

養蜂の新しい状況とフロンティアを探る


Although Flow Frames were designed for the Western honey bee, Apis mellifera , some beekeeping pioneers are conducting experiments with other varieties of bees and gaining exciting results. If you are trialling Flow Frames in a new and innovative way, we welcome your feedback via email or you can share your Flow harvest success stories here on our forum.

フローフレームは西洋のミツバチ、Apis melliferaのために設計されましたが、何人かの養蜂の先駆者は他の種類のミツバチと実験を行っていて刺激的な結果を得ています。
新しく革新的な方法でFlow Frameを試用している場合は、Eメールでフィードバックをお寄せください。または、フロー収穫の成功事例をフォーラムで共有することもできます。

Research & Development
An experimental Flow super houses native Japanese honeybees (Photo courtesy Pauleen Maria Younger, 2017). 実験的な流れのスーパーは、ネイティブの日本のミツバチを収容します(写真提供:Pauleen Maria Younger、2017

Research & Development
Flow Frame harvest from Japanese honey bee hive (Photo courtesy Hiroshi Miyazaki, 2018). ミツバチの巣箱からのフローフレームの収穫(写真提供:宮崎宏、2018年)。

Adaptation of the Flow Hive for Japanese honey bee

ミツバチに対するFlow Hive (フローハイブ)の適応


We are working with researchers from the University of Tokyo, to investigate whether harvesting with Flow Frames reduces absconding behaviour in managed native Japanese Honey Bee ( Apis cerana japonica ) colonies.

私たちは、フローフレームを用いた収穫が管理された在来日本ミツバチの吸収行動を減少させるかどうかを調べるために、東京大学の研究者と協力しています。(アピスセラナジャポニカ) コロニー。

Traditionally, Japanese bees are kept in log hives; their honey is valued for its flavour and medicinal qualities. Although they produce less honey than the western honey bee, Japanese bees are better adapted to the cold climate of Japan and may be more efficient pollinators.

伝統的に、日本のミツバチはログハイブで飼われています。 彼らの蜂蜜は、その風味と薬用品質で評価されています。 それらは西洋ミツバチよりも少ない量の蜂蜜を生産しますが、日本のミツバチは日本の寒冷気候によりよく適応し、そしてより効率的な授粉者であるかもしれません。

But they are also prone to absconding when disturbed and traditional harvesting necessitates the destruction of the log hive and loss of brood.

しかし彼らはまた、混乱したときに身を隠す傾向があり、伝統的な収穫はログハイブの破壊と繁殖地の損失を必要とします。

Click here to find a Flow Authorised Reseller near you.

お近くのFlow Authorized Reseller(https://www.honeyflow.com/resources/community-bee-clubs/beekeeping-club-map-directory/p/310)を検索するには、ここをクリックしてください。

To learn more view our research webinar below, Flow technology in beekeeping with native Japanese honey bee presented by Pauleen Maria Ishii, PhD Candidate, University of Tokyo (Flow HQ, November 2018).

詳細については、以下の私たちの研究ウェビナーをご覧ください。日本在来のミツバチとの養蜂におけるフロー技術 Pauleen Maria Ishii(東京大学博士課程)フロー本部、2018年11月


Below are harvest success stories with the Flow Frames being used in Japanese beehives:
以下は、日本のハチの巣箱で使用されているフローフレームによる収穫のサクセスストーリーです。

3 Likes